コンテンツにスキップ

破断面

図の一部を奥行を指定して断面化します。

切断断面または線をスケッチ

破断面にする箇所におおよその図形をスケッチします。 破断面の範囲を指定する場合(断面切断)と破断面の境界を指定する場合(ハーフ切断)で作成する図形が異なります。

断面(破断面の範囲)を作成する場合

円の場合は [作図タブ] → [円] でスケッチします。 矩形の場合は [作図タブ] → [長方形] でスケッチします。

作図 断面

線(破断面の境界)を作成する場合

[作図タブ] → [線] でスケッチします。

作図

破断面の作成

[3D インターフェース]タブ → [破断面] をクリックします。

破断面

図形を選ぶ

断面の場合

インスタンスメニューを以下のように設定します。

[1.] 断面切断

断面切断

用意しておいた断面図形を選択し、右クリックで確定します。

線の場合

インスタンスメニューを以下のように設定します。

[1.] ハーフ切断

ハーフ切断

用意しておいた線を選択します。

破断面を作成する方向を指定するための矢印が表示されるので、方向を選択します。

矢印

奥行を決める

断面、または線を選択すると、インスタンスメニューが表示されます。

点を参照する場合

インスタンスメニューを以下のように設定します。

[2.]ドラッグ アンド ドロップ

点を参照

別の投影図上の点を参照することで断面の奥行を指定します。

点を参照

指定範囲が断面化されます。

断面化

奥行を数値入力する場合

インスタンスメニューを以下のように設定します。

[2.]奥行を入力

奥行を入力

奥行を数値で指定し、[Enter]キー または左クリックで確定すると、指定範囲が断面化されます。

Back to top