コンテンツにスキップ

スイープウィザード

ウィザード形式(対話形式)で設定しながらスイープ形状を作成します。

断面図形を新規で作成する場合に使用します。

既存の断面図形がある場合は [スイープ] を使用します。

参照:スイープ

参照:簡単スイープ

スイープには断面図形と 2D パス または 3D パス が必要です。

スイープウィザードでは、断面図形と 2D パスはコマンドの途中で作成できますが、3D パスについては先に作成しておく必要があります。(2D パスを使用する場合、3D パスは不要です)

3D パスの作成については、3D 曲線のページをご参照ください。

参照:3D 曲線

のマークは、プロパティブラウザ もしくは コマンドブラウザ で行う設定です。


[フィーチャ]タブ → [スイープ] のプルダウンメニューから [スイープウィザード] を選択します。

スイープウィザード

シーン上に何もない場合は、[スイープウィザード]画面 が表示されます。

シーン上にオブジェクトがある場合は、[2D断面図形配置ツールバー] のコマンドブラウザが表示されます。

スイープウィザード

[2D断面図形配置ツールバー] → [配置] → [平面の種類:] のプルダウンメニューから作図平面の配置方法を選択し、配置点を選択すると、[スイープウィザード]画面 が表示されます。

設定のステップは 4 段階に分かれています。

ステップ 1/4

スイープウィザード

新しいシェイプの作成方法を選択します:

独立したパーツを作成する場合は、[形状を独立] を選択します。

既存のパーツにスイープ形状を追加する場合は、[形状を追加] を選択します。

既存のパーツをスイープ形状で型抜きする場合は、[形状で削除] を追加します。

ソリッド/サーフェスを選択します:

ソリッドとサーフェスのどちらを作成するのかを選択します。


[次へ] をクリックします。

ステップ 2/4

スイープウィザード

スイープ ツールを既存のサーフェス上でクリックしたときの新しいシェイプの作成方向を選択します:

最初に設定した作図平面に対して平行方向にスイープする場合は、[選択したサーフェスに沿って] を選択します。

最初に設定した作図平面に対して垂直方向にスイープする場合は、[選択したサーフェスから離れて] を選択します。


[次へ] をクリックします。

ステップ 3/4

スイープウィザード

パスの種類を選択します:

2D スケッチでパスを描く場合は、[2D パス] のいずれかを選択します。

作成済みの 3D パスを選択する場合は、[3D パス] を選択します。

鋭角なコーナーを許可する

チェックを入れない場合、パスの鋭角なコーナーには自動的にフィレットがかかり、スイープが作成されます。

チェックを入れた場合、パスの鋭角なコーナーは鋭角のままスイープが作成されます。


[次へ] をクリックします。

ステップ 4/4

スイープウィザード

グリッドを表示しますか?:

グリッドを表示する場合は [はい] を選択します。

グリッドを表示せず、作図平面と軸だけを表示する場合は [いいえ] を選択します。

グリッド線の間隔を設定します:

[メジャー] ではグリッド線の大きな区切りの間隔を mm で設定します。(例:20)

[マイナー] ではグリッド線の間隔を mm で設定します。(例:5)


[終了] をクリックします。

パスの種類が 2D パス の場合

パスの作図平面が表示されます。

2D の作図方法については、2D シェイプのページをご参照ください。

参照:2D シェイプ

パスの 2D スケッチモードを終了すると、次に断面図形の作図平面が表示されます。

断面図形の 2D スケッチモードを終了すると、スイープ形状が作成されます。

パスの種類が 3D パス の場合

[3D ガイドラインの選択]画面 が表示されます。

3D 曲線を選択します。

3D 曲線に合わせて、断面図形の作図平面が表示されます。

断面図形の 2D スケッチモードを終了すると、スイープ形状が作成されます。

Back to top