コンテンツにスキップ

ラップエンボス

テキストなど複数の断面図形を曲面に巻き付け、凹凸を作成します。製品に名前を彫るときなどに便利です。

ラップエンボス

のマークは、プロパティブラウザ もしくは コマンドブラウザ で行う設定です。


[フィーチャ]タブ → [エンボス] のプルダウンメニューから [ラップエンボス] を選択します。

ラップエンボス

プロパティブラウザにオプション項目が表示されます。

ラップエンボス

[選択] → [面] が赤くハイライトされます。

シーンで凹凸をつける面を選択します。

[選択] → [面] のボックスに選択した面が表示されます。

[選択] → [フィーチャ] が赤くハイライトされます。

シーンで断面図形を選択します。

[選択] → [フィーチャ] のボックスに選択した面が表示されます。

[配置] → [配置の種類] を選択します。

選択した面に対して図形を垂直に配置する場合は、[投影] を選択します。

ラップエンボスの開始点を指定する場合は、[参照点] を選択します。

[許容差] → [弦] [角度] [長さ] を入力し、ラップエンボスが正確に作成されるよう設定します。

[ラップ] → [凸] [凹] [分割] のいずれかを選択します。

凹凸を作成せず、面を分割する場合は、[分割] を選択します。面を分割すると、色の塗分けが可能になります。

必要に応じて [領域を反転する] にチェックを入れ、断面図形のどちら側にエンボスを作成するか設定します。

[✓] をクリックして実行すると、凹凸が作成されます。

Back to top