コンテンツにスキップ

オブジェクト スナップ機能

オブジェクト スナップは、オブジェクトの角や中心など、特定の場所を正確に拾うための機能です。

作図中に点を指定するのに使用します。

オブジェクトスナップ オブジェクトスナップ オブジェクトスナップ

オブジェクト スナップ モード の切り替え

画面右下の [オブジェクト スナップ]プルアップメニュー からオブジェクト スナップ モードを選択できます。

オブジェクトスナップモード

オブジェクト スナップ モードには4種類あります。

名前 内容
Free スナップ無効
Intelligent 自動的にオブジェクトスナップ点(中心、接線点、垂直点、中間点、端点など)にスナップ
Grid グリッド点が表示され、自動的にグリッド点にスナップ
Guide Intelligent の機能に加え、スナップした点を一時的に表示させたまま、それを基点とするガイド線上にスナップ

デフォルトは [Intelligent] になっています。用途に合わせて使い分けてください。

Guide

Guideモードで、辺の中間点を基点とするガイド線同士の交点を取る例

オブジェクト スナップの設定

オブジェクト スナップはオプションで設定します。

参照:オプション - スナップ - スナップとグリッド

参照:オプション - スナップ - 極ガイド

参照:オプション - スナップ - オブジェクト スナップ

オブジェクト スナップ メニューの表示

作図中にコマンドの入力待ちの状態で [Shift]キー を押しながらマウス右クリック、または [Space]キー を押すと、オブジェクトスナップの選択画面を呼び出すことができます。

使用するにはオプションの設定が有効になっている必要があります。

参照:インタラクション ③ Spaceキーでスナップメニューを表示する

オブジェクト スナップ メニュー

オブジェクト スナップ メニュー

接点

[線]コマンドを使用し、メニューから [接点] を選択して接線を描いた例
Back to top