コンテンツにスキップ

並列寸法

共通の基準線から、複数の寸法を並列(階段状)に配置します。

dimbaseline

[寸法]タブ → [寸法] のプルダウンメニューから [並列寸法] を選択します。

並列寸法

既存の寸法から作成する場合

既存の寸法線を選択すると、インスタンスメニューが表示されます。

並列寸法

[1.]寸法線に揃える/水平/ISO 標準

テキストの向きを設定します。

[2.寸法線のオフセット]

寸法線同士の間隔を設定します。

[3.接頭語]

接頭語を設定します。

[4.接尾語]

接尾語を設定します。

[5.基準値]

寸法が表示されます。

寸法値を編集する場合に設定します。


参照点を選択すると、並列寸法が配置されます。

コマンドを終了するには [Enter]キー を押すか [右クリック]します。

[プロパティ]画面 が表示されるので、[終了]ボタン をクリックします。

1から作成する場合

1点目(基準点)を選択すると、インスタンスメニューが表示されます。

並列寸法

[1.]標準/簡易

通常の並列寸法を作成する場合は [標準] を選択します。

[簡易] の場合、階段状の表示になりません。

[2.]中央/終端

インスタンスメニュー [1.] で [簡易] を選択すると表示されます。

テキストを配置する位置を選択します。

2本の寸法補助線の中央に配置する場合は [中央] を選択します。

2本目の寸法補助線の上部に配置する場合は [終端] を選択します。

[2.]寸法線に揃える/水平/ISO 標準

[3.]直交/平行

X,Y 軸に対して垂直な距離を計測する場合は [直交] を選択します。

選択した要素に対して平行な距離を計測する場合は [平行] を選択します。

[4.接頭語]

[5.接尾語]

[6.基準値]


2点目を選択すると、配置ガイドが表示されます。

寸法を配置すると、インスタンスメニューの項目が変わります。

並列寸法

[1.]寸法線に揃える/水平/ISO 標準

[簡易] の場合は表示されません。

[2.寸法線のオフセット]

[簡易] の場合は表示されません。

[3.接頭語]

[4.接尾語]

[5.基準値]


次の点を選択すると、並列寸法が配置されます。

コマンドを終了するには [Enter]キー を押すか [右クリック]します。

[プロパティ]画面 が表示されるので、[終了]ボタン をクリックします。

Back to top