コンテンツにスキップ

パーツ 3 を作成

前章で作成したねじ穴をコピーする方法を説明します。

〔1〕[シェイプ]カタログ から [ブロック] をドラッグ&ドロップします。

ブロック

〔2〕パーツ 3 にTriBallを起動します。

TriBall

〔3〕[Space]キーを押すと TriBall の色が白に変わり、TriBall のみ移動することができます。

TriBall

〔4〕TriBall の中心ハンドル上で右クリックし、メニューから [点まで] を選択します。

TriBall

その後、パーツ 3 の端点(白丸)の端点をクリックすると、TriBall がパーツ 3 の端点に移動します。

TriBall

〔5〕再度 [Space]キー を押すと TriBall の色が青に戻り、アクティブな状態になります。

TriBall の中心ハンドル上で右クリックし、メニューから [点まで] を選択します。

その後、パーツ 2 の端点 (白丸) をクリックすると、パーツ 2 とパーツ 3 の角が合います。

TriBall

TriBall

〔6〕パーツ 3 をクリックし、IntelliShapeレベルで表示します。

IntelliShape

〔7〕パーツ 3 の反対側のハンドルをドラッグし、パーツ 2 のエッジに合わせます。

側面を合わせる

〔8〕パーツ 3 の上面のハンドルをクリックし、数値を入力します。

数値 : 10

数値を入力

数値を入力したら [Enter]キーを押します。

〔9〕パーツ 3 の上面のハンドルをクリックし、数値を入力します。

数値 : 40

数値を入力

数値を入力したら [Enter]キーを押します。

〔10〕作成したカタログ内の座ぐり穴をパーツ 3 の端点にドラッグ&ドロップします。

ドラッグ&ドロップ

〔11〕TriBall を起動し、2D 平面上で右クリックします。メニューから [中心点まで] を選択します。

中心点まで

〔12〕反対側にあるパーツ 2 の座ぐり穴のエッジをクリックすると、パーツ 3 の座ぐり穴がパーツ 2 の座ぐり穴に揃います。

位置が揃う

〔13〕続けて 2D 平面を右クリックし、メニューから [中心点まで] を選択します。

中心点まで

〔14〕パーツ 2 のもう一方の座ぐり穴のエッジ上で右クリックし、メニューから [ここにリンクコピー] 選択します。

リンクコピー

〔15〕距離を入力します。

距離 : 28

距離を入力

入力が完了したら [OK] をクリックします。

〔16〕座ぐり穴がパーツ 2 の座ぐり穴と 揃う位置に配置されます。

位置が揃う

〔17〕[Shift]キー を押しながら、パーツ 2 の単純穴 2 つを選択します。

単純穴を選択

〔18〕TriBall を起動し、Z 軸方向の軸ハンドルをクリックしてロックをかけます。

軸ハンドルをロック

〔19〕TriBallの中心ハンドルを右クリックし、メニューから [点まで] を選択します。

点まで

〔20〕パーツ 3 側の座ぐり穴内の面上で右クリックし、メニューから [ここにリンクコピー] を選択します。

リンクコピー

〔21〕距離を入力します。

距離 : 50

距離を入力

入力が完了したら [OK] をクリックします。

〔22〕リンクコピーしたねじ穴(単純穴)が空振りした状態となっています。

目的の向きとは逆を向いているため、方向を変えます。

シーンブラウザから二つのねじ穴を選択します。

ねじ穴を選択

〔23〕TriBall を起動し、向きハンドル上で右クリックし、メニューから [ミラー]→[移動] を選択します。

ミラー

〔24〕ねじ穴の向きが変わり、座ぐり穴の中に正しく収まります。

正しく収まった座ぐり穴

〔25〕パーツ 3 も [SmartPaint] で色を付けます。

SmartPaint

SmartPaint

Back to top