コンテンツにスキップ

テキストの調整/新規作成

図枠、表題欄で使用するテキストを調整または新規作成します。

文字高の調整

DWGデータで圧縮文字が使われている場合、元の文字高で読み込まれるため、フォントが大きくなり表の枠外に出ていることがあります。

文字サイズが枠に合わない場合は、表のセルに収まるよう文字高を変更します。

テキストを選択し、画面左側の [プロパティ] で、[テキスト高さ] の値を編集します。

テキスト高さ

もしくはテキストエディタを起動して [テキスト高さ] を編集します。

テキスト高さ

テキストエディタを起動するには

  • テキストをダブルクリック
  • テキストのプロパティをダブルクリック
  • テキストを選択し、右クリックメニューから [編集] を選択する

テキストエディタで文字高を編集する場合、文字を全選択した状態で行う必要があります。

テキストの新規作成

[寸法]タブ → テキストスタイル のプルダウンメニューから使用するテキストスタイルを選択します。

テキストスタイル

[寸法]タブ → [テキスト] をクリックします。

テキスト

入力範囲を指定して入力する

入力範囲を新たに指定する場合は、インスタンスメニューを以下のように設定します。

[1.]:2点を指定

インスタンスメニュー

2点(入力枠の対角線の頂点)を選択すると、テキストエディタが起動します。

用意した枠内に入力する

入力枠が用意されている場合は、インスタンスメニューを以下のように設定します。

[1.]:境界を検出

[2.境界の間隔]:<セルの枠から文字をオフセットする距離>

インスタンスメニュー

入力枠の内側をクリックすると、テキストエディタが起動します。

指定したフォントが枠内に収まらない場合、テキストエディタで [圧縮文字] を設定することで、自動的にフォント幅や文字高を圧縮することができます。

テキストエディタ

フォント名の頭に@が付くのは縦書きフォントです。

Back to top