コンテンツにスキップ

データ

オプション データ

① DWGの読み込み

DWGデータを開く際の線分のプロパティを設定します。

[既定の線の太さ] を0.00mmに設定しておくことで、DWGデータで設定された線分の太さで読み込みます。

② DWGの書き出し

DWGデータをエクスポートする際に、分解する項目を設定します。

読み込み先のCADで図面のフィレットが正常に表示されない場合などは、図形がブロック化されている可能性があります。[ブロックを分解する] にチェックを入れて書き出すことで、正常に読み込める場合があります。

③ オブジェクトの互換性

読み込んだDWGファイルの属性を使用します。

④ DXFファイルの保存時にプレビューを作成する

チェックを入れてDXFまたはDWGへ保存すると、保存したデータを別のデータに読み込む際、挿入タブの[外部参照の挿入]、[ファイルの挿入]画面でプレビューが表示されます。
また[名前を付けて保存]の画面もプレビューがありますが、既存データに対してのみ有効です。

オプション データ

  • メニュータブの[開く]コマンドや個別にフォルダを開いた場合はプレビューは表示されません。
  • [名前を付けて保存]するデータのプレビューは表示されません。