コンテンツにスキップ

非表示/編集の制限

モデリングが進んでくると、パーツの点数も増え、装置の構造も入り組んできます。

例えば、カバー付きの装置を設計している場合、カバー作成後に内部の構造を編集するためには、カバーを非表示とし、無効化しておく必要があります。

オブジェクトの編集制限を行う場合、非表示、抑制[非表示]、ゴーストパーツに設定 などの非表示機能や 親に固定、アセンブリ/パーツ以下の選択を防止 といった編集制限機能を使用します。

各非表示機能の違い

項目 非表示 抑制[非表示] ゴーストパーツに設定
シーン上の表示 表示なし 表示なし 透過状態で表示
アセンブリの体積 影響なし 影響あり 影響なし
投影図への表示 設定次第で可能 不可能 可能
部品表への表示 可能 可能 可能

[表示構成] を設定している場合、そちらが優先されます。

Back to top